スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

gOodNEwS!!!

昨日の診察で、かなりコンディションが良く、もう飲み薬は飲まなくても大丈夫なまでに回復しました!

気に掛けてくださった皆さまにも、家族にも先生にも本当に感謝です。

信仰深くない私ですが、病院帰りに空を見上げ、天に向かって心から感謝している自分がいました。

天国の家族?ご先祖さま?世界中の神様達…?
誰に感謝していいのか分からないけれど、見守ってくれた色んな存在にとにかく『心からありがとう』と言いたかった。

梵ちゃんが体調を崩してすごく悩んでいる時、たまたまYouTubeで見た、ゆるりん坊主こと塩田妙玄さんの『ペットがあなたを選んだ理由』と言う動画の中の言葉に少し救われたからかもしれません。

梵ちゃんは何か伝えたい事があって、私の元に来てくれたんだ…

そう思ったら、『他の家族に迎えられていたら、もっと梵ちゃんは幸せだったかも知れないし、病気にもならなかったんじゃないか』と言う気持ちから少し解放されました。


とにもかくも、しばらくは点眼等も必要ですが食欲が戻って一安心です。

まだまだ気は抜けませんが、9ヶ月以上もの通院・治療を乗り越えてくれた梵ちゃん、本当に偉かったね❗️

元気にハッピーな2歳の誕生日を迎えられますように。

スポンサーサイト

2013/12/09 14:20 | 梵ちゃんメモCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

食欲のないときは好きなものを食べたい!

昨夜はマッサージの効果も少しはあったのか、ペレットを大分食べれるようになりました。

鼻の横→ほっぺた→目尻
の流れでマッサージすると食欲回復に良いらしいです。
梵ちゃんも歯をカチカチさせて、気に入った様子。

今朝は手のひらのお皿で、朝ごはん。



ここ最近はまた“あまあま病”が猛威をふるい、私も経験が有るのですが、食欲がないときは好きなものしか食べれる気がしない…
というわけで、今は5種類のペレットを順番に梵ちゃんの口元に持っていき、食いついたものをあげる…という状態です。

それでも全部『いらない』される日もあるわけで…

こちらもくじけず、アタックアタック。

そしたら、しぶしぶ食べてくれたり。

そんな最近の梵ちゃんとのやり取りも、大切な親子のコミュニケーションです!

2013/12/02 10:28 | 梵ちゃんメモCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2013/3/4-

梵ちゃんメモ1 http://bontenmaru211.blog.fc2.com/blog-entry-76.html の続きです。

目薬で様子を見たが、あまり改善が見られない・・・
牧草も殆ど口をつけない。大好きなおやつも24時間以上放置されている。
とにかく食べれるものをと、生牧草や生野菜をあげると喜んで食べてくれた。
特に大葉やパセリが好き。

3月4日、朝からトイレが全く汚れていない!
うさぎを飼っているパパの友達が通っている病院を紹介してくれたので、そちらに行ってみることに。

最初に行った病院は、どちらかといと犬猫専門だったので、診察時に梵ちゃんが暴れてしまい病院に来ているにも関わらず、先生に「元気が良すぎる」といわれてしまいましたが、紹介してもらった病院は小動物も沢山診ていて、先生も手慣れた様子で梵ちゃんは全く暴れませんでした。

先の病院はタオル+2人掛りでもじっと出来きず肩身が狭かったですが、今度の先生は1人で梵ちゃんを自在に操って、口腔内検査もあっという間に終わりました。

体重は一週間前は2.5だったのが、2.4に・・・

お腹の動きが悪くなっているとのことで、点滴と二種類の注射をされました。
帰ってから、点滴が効いたのか久々に牧草をむさぼり食う梵ちゃんの姿に安堵の涙。

そして、梵ちゃんに「シリンジで薬を飲ませる」という大きな試練がママに待ち受けていたのでした。
上手く保定出来ず、全身傷だらけ&流血ママな日々が続きました・・・
このままではお互いに負担が掛り過ぎると、焦る毎日。

が、しかし4日後再び便が出ず、病院で前回と同じ処置を受ける。
帰ってからは、ようやく牧草を食べてくれた。


せめて自分が梵ちゃんに出来ることをと、マッサージの本を購入。
涙に効果的な肝臓や、お腹、顎、目尻、耳のマッサージを試してみた。
梵ちゃんが気持ちよさそうにしてくれたので、少しでも気が紛れるのならと、撫で続ける。

神平くんも、早く元気になるように応援してるよ!

DSC_1125.jpg

2013/11/24 18:14 | 梵ちゃんメモCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

2013/2/25

梵ちゃんを迎え、病気をすることなく1歳。そして一緒に暮らし初めて一年が過ぎた、2月下旬。
元気に過ごしていた梵ちゃんですが、いざという時に慌てないために、梵ちゃんの主治医を探しがてら1歳の検診に連れて行った方がいいかな・・・ なんて考えていた矢先。

梵ちゃんの左目から白い涙が!
びっくりしました。牛乳みたいな、真っ白な涙が目から出るなんて。
慌ててパパに連絡、近くの動物病院に問い合わせると午後8時まで開いているということで、帰って来たパパの車に乗り込み、滑り込みで診察していただきました。

口腔内検査で、おそらく「歯の問題」じゃないかと。
「でも、これくらいなら問題ないレベル」ということでファルキサシンという目薬を出してもらいました。

「涙よりも食欲が落ちている事の方が心配」だと言われました。

赤ちゃんの時から食いしん坊で、『このままじゃ、おデブちゃんに育ちそう』と心配し、フードの入った袋の音を聞いただけで興奮マックス、お皿の底に残った粉末まで猫の様にペロペロするのでお皿はいつもピカピカでした。

そんな梵ちゃんが“ご飯を残す”だなんて・・・
ママとしてあまりに頼りない事ですが、心配で心配で心臓が痛くなり、吐きそうになりました。

image_1.png


おうちに来たばかりの梵ちゃん。まだ耳がちゃんと垂れていませんでした。
他の子(兄弟?)たちはちゃんと垂れていたので、抱っこさせてくれた店員さんに「この子もロップイヤーですか?」と聞いてしまいましたが、ちゃんと垂れました!


image.png



2013/11/24 17:35 | 梵ちゃんメモCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。